「君のいないステーション」の歌詞・楽曲情報

TWILIGHT KIDS

「君のいないステーション」について

歌詞本文

Ah 摩天楼が 光る雨に 濡れている
もう 来ない君を 待ち続ける 夜の STATION
走り出した 電車の窓
青いシャツが また君に見える

Ah 迷路の街歩き続け キスしたね
そう まぶしそうに 開けた瞳 愛しくて
いつも照れて 言えなかった
言葉が今悲しいよ 「…好きさ …好きさ」

夜に浮かぶ STATION 愛を叫んでも
君のいない STATION ベルが響くだけ

Ah 君は「恋」を 「さよなら」へと 乗り換えた
もう この線路は 昨日へしか 続かない
終電車に 駆け込む夏
切れた息で笑ったね …遠い夢さ

夜に浮かぶ STATION 切符を破いて
君のいない STATION 何処にも行けない僕さ

夜に浮かぶ STATION 愛を叫んでも
君のいない STATION ベルが響くだけ

夜に浮かぶ STATION 切符を破いて
君のいない STATION 何処にも行けない僕さ
雨に… 濡れた… STATION …

基本情報

タイトル 君のいないステーション
歌手名 TWILIGHT KIDS
作詞者 森雪之丞
作曲者 KEN ( Ken )
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 パイオニアLDC

リリース情報・記録

リリース年月日 1992年08月25日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

その他に関連する楽曲を見る

「君のいないステーション」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!