「八月の流星」の歌詞・楽曲情報

PENGUIN RESEARCH

「八月の流星」について

歌詞本文

僕が恋した微笑みが
この先もずっと続きますように
星に願うならそんなところだ

真夏の花火が遠くで鳴いてる
にわか雨上がり僕を呼ぶ声は蜃気楼
本当の気持ちにいつだって僕は臆病で
君に結局何も言えなかったな

戻らない景色は砂時計
残されたあと僅かで
僕は何を君は何を想うんだろう

八月の流星を追いかけて
気が付いたら大人になって
ねえ君が好きでしたなんてさ
今更遅いけれど

僕が恋した微笑みが
この先もずっと続きますように
星に願うならそんなところだ

街往く人たち喧噪の交差点
にわか雨上がり君を見つけてしまった
優しい横顔変わらないその面影に
僕はどうして涙が滲むんだろう

こんなに近くて遠い距離を
いつか感じた事がある
そうだ君と手を伸ばした
あの空の

八月の流星を追いかけて
僕たちは大人になった
ねえ届かなくたって
君に会えて良かったよ

僕が恋した微笑みが
この先もずっと続きますように
君の隣が僕じゃなくても

さよなら真夏のわすれもの
僕の願いは叶ったよ
ねえ届かなくたって
どうかどうか幸せに

八月の流星を追いかけて
僕もいつか夜明けに出会うのなら
そのぬくもりをその愛しさを
知りたくなったよ

真夏の花火が遠くで鳴いてる
にわか雨上がり君に呼ばれて振り向いた

この楽曲のアーティスト

PENGUIN RESEARCH

基本情報

タイトル 八月の流星
歌手名 PENGUIN RESEARCH
作詞者 堀江晶太
作曲者 堀江晶太
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 SME

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年06月08日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

PENGUIN RESEARCHによる楽曲

「八月の流星」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!