「俺は行くぜ」の歌詞・楽曲情報

石原裕次郎

「俺は行くぜ」について

歌詞本文

桟橋の 靄のかげに
しょんぼりと かくれて
見送りに来てる お前の気持
よく判るが 何も出来ない
泣いても呼んでも これまでの二人さ

故郷の 匂う秋を
棄ててゆく 船出は
目に映るものが なんでも辛い
見て呉れたか 俺の目がしら
浮雲かすめる ひとつぶの雫を

タラップを 跳んで下りて
横抱きに お前を
抱いたままそこで 死にたい気持
血は燃えるが 人は嗤うぜ
このまま俺らは あきらめて行くぜ

基本情報

タイトル 俺は行くぜ
歌手名 石原裕次郎
作詞者 萩原四朗
作曲者 野崎真一
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 テイチクエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年05月26日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

石原裕次郎による最新楽曲

石原裕次郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「俺は行くぜ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!