「群青日和」の歌詞・楽曲情報

東京事変

「群青日和」について

東京事変のデビューシングル。表題曲「群青日和」とカップリング曲「その淑女ふしだらにつき」にはミュージック・ビデオが制作された。またその2曲は2004年の夏フェスでリリースに先行して披露されていた。各楽曲の演奏時間は、それぞれシンメトリーになっている。

シングルの初回生産分は三部作インデックス仕様。

歌詞本文

新宿は豪雨
あなた何処へやら
今日が青く冷えてゆく東京
戦略は皆無
わたし何処へやら
脳が水滴を奪って乾く

「泣きたい気持ちは連なって冬に雨を齎(もたら)している」
と、云うと疑わぬあなた
「嘘だって好くて沢山の矛盾が丁度善い」
と答にならぬ”高い無料(ただ)の論理”で
嘘を嘘だといなすことで即刻関係の無いヒトとなる

演技をしているんだ
あなただってきっとそうさ
当事者を回避している
興味が湧いたって
据え膳の完成を待って
何とも思わない振りで笑う

突き刺す十二月と伊勢丹の息が合わさる衝突地点
少しあなたを思い出す体感温度

答は無いの?
誰かの所為にしたい
ちゃんと教育して叱ってくれ
新宿は豪雨
誰か此処へ来て
青く燃えてゆく東京の日

基本情報

タイトル 群青日和
歌手名 東京事変
作詞者 椎名林檎
作曲者 H是都M
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:03:49
収録アルバム 教育
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年09月08日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『教育』に含まれる楽曲

東京事変による最新楽曲

東京事変の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「群青日和」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!