「瑠璃色の地球」の歌詞・楽曲情報

手嶌葵

「瑠璃色の地球」について

歌詞本文

夜明けの来ない夜は無いさ
あなたがポツリ言う
燈台の立つ岬で
暗い海を見ていた

悩んだ日もある 哀しみに
くじけそうな時も
あなたがそこにいたから
生きて来られた

朝陽が水平線から
光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球

泣き顔が微笑みに変わる
瞬間の涙を
世界中の人たちに
そっとわけてあげたい

争って傷つけあったり
人は弱いものね
だけど愛する力も
きっとあるはず

ガラスの海の向こうには
広がりゆく銀河
地球という名の船の
誰もが旅人

ひとつしかない
私たちの星を守りたい

朝陽が水平線から
光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球
瑠璃色の地球

基本情報

タイトル 瑠璃色の地球
歌手名 手嶌葵
作詞者 松本隆
作曲者 平井夏美
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年04月20日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

手嶌葵による最新楽曲

手嶌葵の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「瑠璃色の地球」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!