「朝の雨」の歌詞・楽曲情報

紙ふうせん

「朝の雨」について

歌詞本文

ふりむきもせずに サヨナラも言わずに
あなたから去った事を
許してくれるでしょうか
約束の言葉 信じてた私
突然の愛の終わり 枯葉むなしく散った
朝の雨は冷たく 枯葉ぬらして
昨日までの愛の日々は 涙のおくに
あなただけの悲しみ 知らずにいたの
今は朝の雨がつげています
帰らぬ日々を

ひまわりの道を かけぬけた夕暮れ
寄りそって見上げた空
遠く星が流れた
優しく抱いてと 口づけをしてと
最後まで愛の言葉さえも 言えなかったわ
恋のしずく冷たく 肩をぬらして
ゆくあてなく一人歩く 落葉の道を
わかち合えた喜び 残るむなしさ
今は朝の雨がつげています
帰らぬ日々を
ラララ ラララ
帰らぬ日々を

基本情報

タイトル 朝の雨
歌手名 紙ふうせん
作詞者 後藤悦治郎
作曲者 浦野直
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ソニー・ミュージックレコーズ

リリース情報・記録

リリース年月日 1998年08月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

紙ふうせんによる最新楽曲

紙ふうせんの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「朝の雨」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!