「みちのく遠花火」の歌詞・楽曲情報

佐藤善人

「みちのく遠花火」について

歌詞本文

紅葉(もみじ)が燃えて 秋が往(ゆ)き
湯けむり恋しい 冬がくる
好きで別れて 都会の暮らし
責めているよな 風便り
ごめんごめんよ それ切りで
忍ぶみちのく 遠花火

達者でいるか 忘れたか
それとも待ってて いるだろか
ビルの谷間に 明かりを点し
下り列車が 駆け抜ける度
乗って行きたい 行かれない
耐えてみちのく 遠花火

鞄(かばん)に詰めた 夢ひとつ
つかめば帰れる 手土産に
何をくよくよ 悩んでいると
叱る地酒の ほろ苦さ
空を見上げりゃ 北斗星
浮かぶみちのく 遠花火

基本情報

タイトル みちのく遠花火
歌手名 佐藤善人
作詞者 たきのえいじ
作曲者 若草恵
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ 0:05:06
レコード会社 テイチクエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2015年12月16日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

佐藤善人による最新楽曲

佐藤善人の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「みちのく遠花火」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!