「螺旋」の歌詞・楽曲情報

神田沙也加

「螺旋」について

歌詞本文

涙が揺れて 霞んだ やさしい笑顔
近付く程に 果てなく遠い 君のすべて

遠い記憶に錆び付く痛み 忘れた振りで 笑顔だけ浮かべてる
素直な私のすべて 言いたかった 言えなかった
時間が無いこと 判っていたのに

愛しい時間は どうして すぐ過ぎてくの? 寂しい夜は 永遠のように
ねぇ 思えるのに だけど言えない 抱きしめられたいなんて
君の隣 眠りにつきたい もう一度だけ

優しさは時に 残酷なもの
離れられない 愛しさを残すから
昔に流した涙 忘れた訳じゃないのにね
今でも この手は 君を求めてる
まだ思い出せる? あの日々 描いた夢を
どうしたら ねぇ 戻せるのかな 冷めたその熱を

届かない心 ずっと震えてる
君の名前も 離れた手の冷たさも
私を責めて許さないでね 覚えていさせて
今は言えない 見つめるこの距離のまま
一人きりでも 歩いてみるよ 長い道を

基本情報

タイトル 螺旋
歌手名 神田沙也加
作詞者 SAYAKA
作曲者 TATOO
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ソニーレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年02月23日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

神田沙也加による最新楽曲

神田沙也加の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「螺旋」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!