「車輪」の歌詞・楽曲情報

てるる...

「車輪」について

歌詞本文

東京のこの街を自転車で走り抜けていく
君を乗せて風の中を走り抜けていく
このまま知らないところまで行けたなら
少しは君の心の中覗くことができるかな

その瞳に映っている僕をおしえてよ
その瞳に映っている空の色は何色さ

風の中、車輪の音だけが鳴り響いているよ
僕らが今見ているこの空は同じだろうか!

答えは空の彼方さ
決して届かないこと知っているけど
この道をずっと走り続ければ
君の心、触れられそうな気がしているんだ

東京のこの街を自転車で走り抜けて

君に僕の幸せ求めずに、同じ空見つめられるまで
君に僕の幸せ求めずに、同じ空見つめられるまで

車輪は回るよ

基本情報

タイトル 車輪
歌手名 てるる...
作詞者 渡辺豪
作曲者 渡辺豪
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

てるる...による最新楽曲

てるる...の楽曲一覧

「車輪」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!