「雪酒場」の歌詞・楽曲情報

立樹みか

「雪酒場」について

歌詞本文

酒場の窓をふるわせて
海が荒れます 泣きじゃくる
あなた あなた死んでも
死んでもいいですね…
未練ひとつのため息が
背中にこぼれて 雪になる

お酒じゃきえぬ淋しさと
かけて積もれぬ雪と解く
あなた あなた死んでも
死んでもいいですね…
心騙してゆきずりに
抱かれてみたって あなただけ

港はきょうも雪に暮れ
酔ってわたしは 口紅をひく
あなた あなた死んでも
死んでもいいですね…
すがる胸さえないままに
女の生活が 荒れてゆく

基本情報

タイトル 雪酒場
歌手名 立樹みか
作詞者 たかたかし
作曲者 中村典正
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ
レコード会社 日本クラウン

リリース情報・記録

リリース年月日 1999年06月23日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

立樹みかによる最新楽曲

立樹みかの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「雪酒場」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!