「重友一代」の歌詞・楽曲情報

藤野とし恵

「重友一代」について

歌詞本文

人の誠は 誠で返す
芸の要(かなめ)は その心
天がこの身に 授(さず)けてくれた
男一代 浪花節
木村重友(しげとも)…
意地と涙の 物語

「芸に終わりはない 死ぬまで修業だ
それが 父・木村重友の口ぐせでした
旅から旅への巡業で
一年のうち数えるほどしか 会えない父…
さびしかったけれど 私たら娘の前では
いつも笑顔の やさしい人でした」

数え十一 胸弾ませて
越えた下野(しもつけ) 思川(おもいがわ)
酸いも甘いも 苦労の水も
恥を知らねば 恥かかず
木村重友…
夢はひとすじ 抱(だ)き柏(がしわ)

花の都じゃ 見えないものも
旅の楽屋じゃ よく見える
三味は太棹 啖呵はいのち
語る浮世の 裏・表
木村重友…
義理と人情の 張り扇(おうぎ)

基本情報

タイトル 重友一代
歌手名 藤野とし恵
作詞者 松井由利夫
作曲者 水森英夫
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 テイチクエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年08月25日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

藤野とし恵による最新楽曲

藤野とし恵の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「重友一代」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!