「さまざまな自由」の歌詞・楽曲情報

仲井戸麗市

「さまざまな自由」について

歌詞本文

帰りの雨は矢継ぎ早で
あげくの果ての雷さ
本当はみんなに逢いたい気もしたが
誰にも逢わないってのも魅力的だった

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

次のインターチェンジで降りてしまえば
お手頃な自由を楽しめたのに
だけど 流れに乗って急いだのさ
落ち着きのある暮らしに
それは多分あり得ない事でも

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

俺は住所不定で 彼女は情緒不安定
誰もが探してる分譲中の自由を
思いがけない答えがハイウェイに転がってるなんて
人気(ひとけ) のないドライブインの古いラジオが唄ってる
真夜中の自動販売機に群がってみても
その夜の答えはとっくに売り切れてる

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

気がつけばフロントガラスの窓の外
天国行きの列車が横切ってく
心に青い空 描き出せる時
誰もがその列車の切符を手にするらしい
明日たそがれる20世紀に手紙を出して
この星の若さの晩年から返事をもらおう
この星のどこかを走ってる
人も国も みんな居場所を探して
月夜にせめて彼女を抱きたい
未来の川岸のパーキングに車を寄せて

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

基本情報

タイトル さまざまな自由
歌手名 仲井戸麗市
作詞者 仲井戸麗市
作曲者 仲井戸麗市
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 1993年02月03日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

仲井戸麗市による最新楽曲

仲井戸麗市の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「さまざまな自由」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!