「月と星のワルツ」の歌詞・楽曲情報

霜月はるか

「月と星のワルツ」について

歌詞本文

ひかりを集めて 空に浮かべたら
夢を照らしだす 月と星のワルツ

流れるメロディ 響きあう心
ふたりの時間も 永遠へと変わる

静かに眠りにつく 街も 人も

時計の針と針が重なり合う瞬間(とき)
夜の魔法 動き始める
窓の先に繋がる 雲の橋渡リ
流れ星の導くままに

そして出逢うの

あなたの手を取り 微笑み返した
夢で踊りましょう 月と星のテラス

言葉は風に乗せて ひとつ ふたつ

遠い遠い国の名も知らぬひとへ
この魔法 届けてほしい
ふたりを見守るように瞬く星達
そのひかりは 誰かの願い

やがて朝が魔法溶かす 幸せ残して

基本情報

タイトル 月と星のワルツ
歌手名 霜月はるか
作詞者 霜月はるか
作曲者 如月まさと
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 インディーズ・メーカー

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年11月22日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

霜月はるかによる最新楽曲

霜月はるかの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「月と星のワルツ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!