「無重力」の歌詞・楽曲情報

分島花音

「無重力」について

歌詞本文

こんな
迷える運命を
救済する
導く腕などない

前に
立ち塞がる定めを
制裁する
光の声などない

絶望のエントランスに
私は置いてきぼりで
システムは頑丈に
あなたの解除を待つの

落下する心が浮遊して
重力がわからないよ
あなたの引力に縋り付く
いつも私は
陰で泣いて強くなろうって決めた

こうやって

こんな
儚い感情を
それでも
失ってしまいたくない

後ろに
繋がった記憶を
それでも
忘れてしまいたくはない

時計のエクスプレスは
止まっても戻ってもくれないで
システムは頑丈に
あなたの解除を待つの

落下する涙も浮遊して
重力がわからないよ
あなたの引力に倒れ込む
いつか私は
この足でちゃんと立とうって決めた

こうやって

ちかちかと点滅する心臓の熱を
奪っては与えて何を試してるの
不安の糸が絡まっている
解れた先から逃げて行く

こんな
意識より前に咲いた花を
失ってしまいたくないの
あなたに見つけてもらえる様に
この無重力の暗い海の中で
星のかけらの中で
息をするのがやっと
飲み込んでしまいたくないの
全てが愛しいの
涙も愛しいの

愛して気付いたの
その重力を

基本情報

タイトル 無重力
歌手名 分島花音
作詞者 分島花音
作曲者 分島花音
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ワーナー・ホーム・ビデオ

リリース情報・記録

リリース年月日 2014年02月19日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

分島花音による最新楽曲

分島花音の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「無重力」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!