「君の家まで」の歌詞・楽曲情報

classicus

「君の家まで」について

歌詞本文

今はちょっと古くさいかもしれないけど伝えたい歌
よく遊んだビー玉のおもちゃは今どこへ消えてしまったろう?

もうすぐだね君の家まで あの坂登った突き当たり
南風にうなされ続けてる僕さ

悪い夢見た次の朝が何故だか誇らしいのは
今もどこかで君が僕を呼んでる気がしたからさ

気が付けばもう雨の気配も 何処か消え去ろうとしてるのに
たまに僕は君のこと考えたりするよ

もうすぐだね君の家まで あの坂登った突き当たり
南風にうなされ太陽に弾き飛ばされた あの夏の歌が聴こえるよ

今はちょっと古くさいかもしれないけど伝えたい歌

基本情報

タイトル 君の家まで
歌手名 classicus
作詞者 岡山健二
作曲者 岡山健二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:03:04
レコード会社 SPACE SHOWER MUSIC

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年12月07日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

classicusによる最新楽曲

classicusの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「君の家まで」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!