「札幌City Light'87」の歌詞・楽曲情報

菅野ゆたか・篠路圭子

「札幌City Light'87」について

歌詞本文

今夜も貴方が いじわるだから
ひとりにするのね 小雨のなかで
もっとお寄りよ 涙をふいて
すねてるその目が かわいくて
危ない人とわかっていたの
うわさ話を信じるのかい
夢の扉を開けば たどりつく
札幌シティーライト 濡れてすすきの
そっと貴方に 抱かれたい
札幌シティーライト 心酔わせて
いつか花咲く恋が落ちてる 北の夜

やさしくされれば ものたりなくて
冷たくされれば 熱くなるのね
女心は ゆれるかげろう
背中を見せれば 追いかける
憎らしいけど私の負けね
そんなお前がとても愛しい
酔えば酔うほどいつしか 夢の中
札幌シティーライト 帰りたくない
好きよ貴方を こんなにも
札幌シティーライト 時間よ止まれ
夜明けになればどうせ別れる 二人なら

札幌シティーライト 帰りたくない
好きよ貴方を こんなにも
札幌シティーライト 時間よ止まれ
夜明けになればどうせ別れる 二人なら

基本情報

タイトル 札幌City Light'87
歌手名 菅野ゆたか・篠路圭子
作詞者 きさらぎ圭介
作曲者 幸耕平
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 日本クラウン

リリース情報・記録

リリース年月日 1990年10月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

その他に関連する楽曲を見る

「札幌City Light'87」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!