「After」の歌詞・楽曲情報

For Tracy Hyde

「After」について

歌詞本文

どうして雨は止んでしまうのかなって、君との雨宿りのたびに考えてた。
通り過ぎたスコール、微熱を奪うことなく――
そんな日々もいまは昔?

どうしてもかすらない視線の先で、君は違う誰かを想い描いてるの?
飲み干したスコール、べたつく甘さと温度。
わたしの白昼夢はまだ覚めちゃいないのに。

揃いのミサンガはわたしの願いを叶えずすり切れて、
空転する時間を静かに物語ってる。
いまだって手を伸ばすのに、
君が君じゃない錯覚がなに食わぬふりをさせるの。

教室に忘れた詩編にも似た手紙の、フレーズがほつれて注ぐような、
追憶のスコール、ひとりきり思い出す――
そんな君じゃないとわかってる。

はじめて交わした言葉をいつしか忘れていたように、
長くて緩やかな終わりが続いていたのかな。
感傷と上手く折り合えずにいるのはわたしのほうなのに、
すっと笑ってみせるから、
もどかしいな……。

ねえ?

許したふりがたやすいのは、
茜射す光の角度が強がりも悲哀も絵に変えてしまうから。
許せないままでいるのはさ、きっと君のことだけじゃない。
湿った歩道の風に吹かれて、想うの。

基本情報

タイトル After
歌手名 For Tracy Hyde
作詞者 管梓
作曲者 管梓
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル オルタナティブ
楽曲の長さ 0:05:01
レコード会社 Pヴァイン・レコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年12月02日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

For Tracy Hydeによる最新楽曲

For Tracy Hydeの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「After」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!