「僕らの心には太陽がある」の歌詞・楽曲情報

神話(SHINHWA)

「僕らの心には太陽がある」について

2001年にアルバム『HEY,COME ON!』で日本デビューを飾ったSHINHWAが初めて本格的に日本語詞の歌唱となった楽曲がこの「僕らの心には太陽がある」である。作詞を手掛けたのは“ケータイ小説家の生みの親”として著書『Deep Love』などのベストセラーで人気を博すYoshi。作曲と音楽プロデューサーには木村カエラや時給800円などを手掛けた山沢太洋を迎え、韓国とは違うSHINHWAの新しい魅力を引き出すことに成功した。タイトルのフレーズでもある“太陽”にはYoshiがSHINHWAというグループを「輝かしい太陽のように韓国で活躍してきた存在」であると位置づけたインスピレーションから「日本の女性を優しく包み込む太陽」というイメージをふくらませ、温かいメッセージを伝えている。
本楽曲は「POP JAM DX」(NHK)、「僕らの音楽」(フジテレビ)といった日本のメジャーな音楽番組でも披露され、K-POPアーティストによる日本進出への礎を築くことになった。
また2006年9月には韓国でもライセンス盤が発表されている。

歌詞本文

僕らは、どれだけの
過ちを重ねてきたのか
誰かを傷つける
つもりなんてなかったはずなのに

人は自分を守るために
気づかない間に…そう、悲しいね

君も、そんな自分を
責めなくていいんだ 僕らは一緒だよ
そうさ、どんなに汚(けが)れても、
僕らの心には太陽がある
ほら、また日が昇る
さぁ、もう一度だけ、やり直そうよ

(ラップ)

僕らは、どれくらいの
悲しい嘘をついてきたんだろう

人は失いたくないと
気づかない間に…そう、悲しいね

君も、そんなに自分を
傷つけなくていい、僕らは一緒だよ
そうさ、どんなに汚(よご)れても、
僕らの心には太陽がある
ほら、また日が昇る
さぁ、もう一度だけ、立ち上がろうよ

Never cry,
cause we'll never let the sun down

君も、そんなに自分を
責めなくていいんだ 僕らは一緒だよ
そうさ、どんなに汚(けが)れても、
僕らの心には太陽がある
ほら、また日が昇る
さぁ、もう一度だけ、やり直そうよ

君は、一人じゃないんだ
空が曇っても 心に太陽があるよ
君は、泣かないでいいよ
雨がふったって 心に太陽があるよ
心に太陽があるよ

基本情報

タイトル 僕らの心には太陽がある
歌手名 神話(SHINHWA)
作詞者 Yoshi ( YOSHI )
作曲者 山沢太洋
編曲者
プロデューサー 山沢太洋

楽曲情報

ジャンル K-POP
楽曲の長さ 0:05:30
レコード会社 日本コロムビア

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年06月14日
オリコン週間順位 16位
ビルボード週間順位

神話(SHINHWA)による最新楽曲

神話(SHINHWA)の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「僕らの心には太陽がある」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!