「時の雨 ft.Aki Hata」の歌詞・楽曲情報

赤髪

「時の雨 ft.Aki Hata」について

歌詞本文

果てしない空が
小さな水溜まりのなかへ
閉じこめられたみたいな この雨上がり

とまらない悲しみたちも
晴れる日がくるなら
少しずつ歩いてくよ 振り向きながら

忘れたいことを数え またひとりで傷つく
そんなことやめようと抱きしめて

そこにいるだけで こころ嬉しくなる
だから何も言わなくても 伝わる今の安堵
そこにいるだけで 嬉しくて胸が熱くなる
なのに時の雨は ふたりを濡らし何処へいくの?

切なさで手が痺れてる
もうつかめない程
幸せはつかむものじゃないと微笑む

忘れたいことだらけで 傷ついてる誰もが
消したくて消せないよ抱きしめて

そこにいるだけで こころ嬉しくなる
だから何も言わなくても 伝わる今の安堵
そこにいるだけで 嬉しくて胸が熱くなる
なのに時の雨は ふたりを濡らし何処へいくの?

基本情報

タイトル 時の雨 ft.Aki Hata
歌手名 赤髪
作詞者 Aki Hata
作曲者 Akagami
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社 VOCALOID RECORDS

リリース情報・記録

リリース年月日 2014年02月12日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

赤髪による最新楽曲

赤髪の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「時の雨 ft.Aki Hata」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!