「嵐が丘」の歌詞・楽曲情報

Takamiy

「嵐が丘」について

歌詞本文

嵐が去りゆく 丘の上に佇み…

風よ 問いたい
この愛の行方を
荒れた大地 瞳を閉じて
遠い日々を憂う
君への熱き想いが
荒野を駆け巡る

秋から冬へと
季節は移ろい
変わらぬ愛を求め彷徨う
孤独な旅人よ

たとえ夜空の星がすべて消えたとしても
君への想いは輝き続ける
そして愛の物語は
終わりのないEpisodeへ
永遠を綴る この愛の至上
君だけに

誰の ため生まれ
何故此処にいるのか
君の頬を伝う涙が
教えてくれた
思い出は走馬燈
通り過ぎる風のよう

深紅の唇
透き通る白い胸
この世を飾るどんな花より
君は美しい

たとえ大地の花がすべて枯れたとしても
君への情熱は色褪せはしない
そして運命の愛は
終わりのないEpisodeへ
永遠を綴る この愛の至上
君だけに

嵐が丘で
二人遠くを見つめて
宿命の愛という鐘を
強く打ち鳴らす時に…

互いの罪を背負い白い鳩が空を舞う
傷つけ合って 愛を許し合って

たとえ夜空の星がすべて消えたとしても
君への想いは輝き続ける
そして愛の物語は
終わりのないEpisodeへ
永遠を綴る この愛の至上
君だけに

基本情報

タイトル 嵐が丘
歌手名 Takamiy
作詞者 高見沢俊彦
作曲者 高見沢俊彦
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 EMI Records Japan

リリース情報・記録

リリース年月日 2013年07月31日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

Takamiyによる最新楽曲

Takamiyの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「嵐が丘」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!