「鳴門海峡」の歌詞・楽曲情報

三橋美智也

「鳴門海峡」について

歌詞本文

いのち捨てても 悔いないほどに
惚れていちずに 惚れさせた
憎いあの娘は ああ
鳴門海峡の 潮の花
乱れ乱れて 胸に咲く

叱りつけても 女のこころ
向けてみせたい 男なら
無理と云うなよ ああ
鳴門海峡の かもめ鳥
そうさ俺にも 意地がある

思い切ろうか いつものように
口じゃ云えない うわべだけ
みれん渦巻く ああ
鳴門海峡の もどり波
向けた男の 背を濡らす

基本情報

タイトル 鳴門海峡
歌手名 三橋美智也
作詞者 木下龍太郎
作曲者 猪俣公章
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 キングレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年09月06日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

三橋美智也による最新楽曲

三橋美智也の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「鳴門海峡」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!