「風見鶏」の歌詞・楽曲情報

丸山圭子

「風見鶏」について

歌詞本文

また行ってしまう 遠くへ…
古いレンガ造りのやかた
街路樹のやせた枯葉が
寒い季節を呼ぶ

どこをむくのか 風見鶏
気まぐれな風に さそわれて
そぞろに うごきまわるは
まるで あの人の心のよう

こうして たたずんでいるのは
影に ひきづられているから
ああ… どうして 忘れようとしたのか
足を踏み外して 心をくじいた

“さようなら”と一言
一筆がきで なげだす
トレンチ・コートのえりをたて
寒さをしのぐのに

こうして たたずんでいるのは
影に ひきづられているから
ああ… どうして 忘れようとしたのか
足を踏み外して 心をくじいた

ああ… どうして 忘れようとしたのか
足を踏み外して 心をくじいた

基本情報

タイトル 風見鶏
歌手名 丸山圭子
作詞者 丸山圭子
作曲者 丸山圭子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム ALL FOR YOUR LOVE
レコード会社 インディーズ・メーカー

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年08月28日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『ALL FOR YOUR LOVE』に含まれる楽曲

丸山圭子による最新楽曲

丸山圭子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「風見鶏」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!