「てのひら」の歌詞・楽曲情報

より子

「てのひら」について

歌詞本文

僕の手を握ってくる
小さな手 握り返す

大事なものを忘れたまま 僕は夢中で走っていた
振り返ればきみが遠くで 寂しげに立っていた

二人の時間が ただ傷つけ合うだけになってゆく
締め付けられる胸 きみの涙さえ
守れない手のひら 見つめて

きみが笑っていてくれる日を
作るために このてのひらはあるんだ
きみが悲しい時には 抱きしめてあげるために
僕の腕はあるんだ

自分のことだけ考えて 今まで生きてきた
だけど今から 僕は新しい生き方を 始めるよ

二人の時間に 幸せそうに眠るきみの顔を 見つめて
締め付けられる胸 僕にとって一番
守りたいものを 見つけたよ

きみが笑っていてくれるのなら
それだけで もう何も 何もいらない
きみの瞳が どしゃ降りの雨だったら
僕がそこに 虹をかけてあげるよ

基本情報

タイトル てのひら
歌手名 より子
作詞者 より子
作曲者 より子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:05:10
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年10月17日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

より子による最新楽曲

より子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「てのひら」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!