さよならひとりの歌詞・概要

テミン

「さよならひとり」について

歌詞本文

ずっとこうしてキミを包んで
寄り添い歩けたなら
今のボクにはキミの今には
それぞれの明日がある

背を向けてから小さく大きくこの手を振る
ただまっすぐに前だけを見つめ歩いてゆく

さよならきらり 滴る花が
淋しそうに微笑んでる
さよならひとり 悲しまないで
この世界に咲き誇る花よ

きっと遠くでキミは待ってる
迎えに来てくれると
明日のボクらが何処にいようと
つれづれに時はゆく

いつか来る別れに怯えながら傍にいるより
抱きあう夢を見る今の方が幸せなのか

さよならひらり 散りゆく花が
惜しむように微笑んでる
だれかがひとり 悲しむのなら
ボクはキミに触れないままで

さよならひとり 抱きあうように
この世界に咲きみだれて
さよならひとり 悲しまないで
この世界に咲き誇る花よ

基本情報

タイトル さよならひとり
歌手名 テミン
作詞者 Sara Sakurai
作曲者 Yoko Hiramatsu・Denniz Jamm・Martin Rene
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 Universal Music =music=

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年07月27日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

テミンによる楽曲

「さよならひとり」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!