「天然の美」の歌詞・楽曲情報

小沢昭一

「天然の美」について

歌詞本文

空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音
大波小波革堂鞳と 響き絶えせぬ海の音
聞けや人々面白き 此の天然の音楽を
調べ自在に弾き給う 神の御手の尊しや

春は桜のあや衣 秋は紅葉の唐錦
夏は涼しき月の絹 冬は真白き雪の布
見よや人々美しき この天然の織物を
手際見事に織りたもう 神のたくみの尊しや

朝に起る雲の殿 夕べにかかる虹の橋
晴れたる空を見渡せば 青天井に似たるかな
仰げ人々珍しき 此の天然の建築を
かく広大にたてたもう 神の御業の尊しや

基本情報

タイトル 天然の美
歌手名 小沢昭一
作詞者 武島羽衣
作曲者 田中穂積
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 日本コロムビア

リリース情報・記録

リリース年月日 1988年07月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

小沢昭一による最新楽曲

小沢昭一の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「天然の美」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!