「沈黙と陳列 幼少は永遠へ」の歌詞・楽曲情報

My Hair is Bad

「沈黙と陳列 幼少は永遠へ」について

歌詞本文

人が轢かれるのを見た
僕は汗をかいていた
春の煙 少し眠い
悲鳴 パトカー サイレン

母が買った絨毯 他人を感じる瞬間
家族の空間と通販 不気味に思える習慣
軍艦船を眺めた 少年が言う
タイムマシンに乗りたい
冷蔵庫の中 腐る心

1999年 父に連れられた球場 動物園や水族館
大勢の女が脱いだビデオ ストリップ劇場
午前二時すぎ託児所 二階の古着屋
それらすべて 見ているようで見られてる

家に帰りたい 砂の城はすぐに崩れた
君が泣いていた それを見ていた

また明日になれば
また次の朝が来れば
隣に僕がいれば なんて言えずにいた

iPhoneから送信

基本情報

タイトル 沈黙と陳列 幼少は永遠へ
歌手名 My Hair is Bad
作詞者 椎木知仁
作曲者 椎木知仁
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:03:50
レコード会社 ユニバーサル ミュージック

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年10月19日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

My Hair is Badによる最新楽曲

My Hair is Badの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「沈黙と陳列 幼少は永遠へ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!