「CURTAIN CALL」の歌詞・楽曲情報

杏里

「CURTAIN CALL」について

歌詞本文

痛いくらい 胸を震わす音
湧き上がる歓声 耳元の拍手が
私だけの時 今 止めたみたい

忙しい 今の彼を誘い
ラスト・コンサートを一度観てみたいと
気まぐれなふりをして ここへ来たのは

大切にしまってた
あなたとの想い出から
自分を解き放つ その前に
ひとときの夢
駆け巡ってみたかったの

二人だけのアイドルにしようと
夢中で聴いていた 大好きなLove Song
今 想い出のシーンが彩ってゆく

何を求めていたの?
何を失ってきたの?
きっとあなたもこの人波の
どこからか ふと
時を止めて さまよってる

Curtain Call
喝采を浴びて去る
アイドルを見送ったら
隣りに座る彼を微笑んで見れるように 今
ラスト・シーンの幕を閉じた

基本情報

タイトル CURTAIN CALL
歌手名 杏里
作詞者 真沙木唯
作曲者 佐藤博
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:05:35
レコード会社 フォーライフ ミュージックエンタテイメント

リリース情報・記録

リリース年月日 1995年09月01日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

杏里による最新楽曲

杏里の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「CURTAIN CALL」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!