「KISSが哀しい」の歌詞・楽曲情報

郷ひろみ

「KISSが哀しい」について

歌詞本文

なにも言わない唇 静かに色が褪めてく
どんな男のつもりで その瞳は僕を見てる
一度や二度の孤独で 誘ったわけじゃない
許した気持ちを君はどこへ隠した

KISS が哀しい きりがなく哀しい
僕になにができるの
好きになるほど心が迷うから
ぬくもりから 逃げないで 離れないで

嘘のつきかたを見れば せつない痛みがわかる
悪い女のふりして 背中に爪をたてて…
誰かと眠った夜も 君の名前を呼ぶ
君を裏切ることさえ僕はできない

KISS が哀しい あてもなく哀しい
君はなにににすがるの
つよく抱いても心まで抱けない
報われずに与えあうふたりがいる

KISS が哀しい きりがなく哀しい
僕になにができるの
好きになるほど心が迷うなら
ぬくもりから 逃げないで 離れないで

基本情報

タイトル KISSが哀しい
歌手名 郷ひろみ
作詞者 松井五郎
作曲者 中西圭三・小西貴雄 ( 中西圭三 , 小西貴雄 )
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム 心のカギ
レコード会社 ソニー・ミュージックレコーズ

リリース情報・記録

リリース年月日 1998年04月22日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『心のカギ』に含まれる楽曲

郷ひろみによる最新楽曲

郷ひろみの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「KISSが哀しい」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!