「虹」の歌詞・楽曲情報

L'Arc〜en〜Ciel

「虹」について

同年の2月にドラマーのsakuraが逮捕され、活動休止状態となっていたL'Arc〜en〜Cielの活動再開シングル。前年11月21日に発売された「Lies and Truth」以来のシングルで、シングルでは自身初のオリコンチャートTOP3入りを果たした。オリコン調べで売上は初週で30万枚を突破し前作の累計売上を超え、累計72.3万枚を売り上げた。hyde、ken、tetsuyaの3人構成のL'Arc〜en〜Cielとして唯一発表されたシングルである。

タイトルはバンド名である「L'Arc〜en〜Ciel」を日本語に訳したものである「空にかかる弧=虹」と付けられ、奇しくもこのシングルがL'Arc〜en〜Cielにとって7作目にリリースするシングルであり、虹の色数である「7」とリンクしたものとなった。このタイトルはバンドへの想いの他、「虹は雨が止んで太陽が出た時に、空に咲く花のようなものだと思う。つまりそういう思いや状況になっていてこそ伝わるものがきっとあるはず」という、hydeの気持ちを込めている。また、hydeは「僕の個人的な気持ちだから、ひとりひとりがそれぞれにその意味を考えてくれていいって思ってる」と述べている。

ちなみに、本来7作目のシングルになるはずだったのは「the Fourth Avenue Café」で、このシングルはフジテレビ系アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』エンディングテーマのタイアップがつき、同年3月26日に発売される予定だった。しかし、前述のsakura逮捕を受け、発売・タイアップ共に白紙となり、アニメでも曲が差し替えられた。今作は、「the Fourth Avenue Cafe」のタイアップの縁もあって劇場版『るろうに剣心』の主題歌に起用された。なお、「the Fourth Avenue Cafe」は2006年8月30日に他シングルの再発と共に、29枚目のシングルとしてリリースされた。

歌詞本文

時は奏でて想いはあふれる
途切れそうなほど透明な声に
歩き出したその瞳へ
果てしない未来が続いてる

本当はとても心はもろく
誰もがひびわれている
降り出した雨に濡れて
君はまた立ち止まってしまうけど
信じてくれるから

誰より高く 空へと近づく
輝きを集め光を求める
燃え尽きても 構わないさ
全ては真実と共にある

「少年は人の影に歪んだ憎しみを見た」
そんな世界なんてもう何も見たくないよ
何も! 何も! 何も!

それでも想う 貴方のことを
季節が流れていても…
目を閉じていつも見てた風景のように
何度目かの雨もあがった

せつない人よ 叶わぬ願いよ
なぜこの胸から愛は生まれて行く?
咲き乱れた花は揺れて
沈んだ大地に降り注ぐ

愛を時は奏でて想いはあふれる
途切れそうなほど透明な声に
歩き出したその瞳へ
終わらない未来を捧げよう

(chorus)
stairway to heaven
labyrinth to heart

基本情報

タイトル
歌手名 L'Arc〜en〜Ciel
作詞者 hyde ( HYDE )
作曲者 ken ( Ken )
編曲者 L'Arc〜en〜Ciel & CHOKKAKU ( L'Arc〜en〜Ciel , CHOKKAKU )
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:05:15
収録アルバム Clicked Singles Best13
レコード会社 キューンミュージック

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年10月17日
オリコン週間順位 3位
ビルボード週間順位

L'Arc〜en〜Cielによる最新楽曲

L'Arc〜en〜Cielの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「虹」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!