「Garden」の歌詞・楽曲情報

鈴湯

「Garden」について

歌詞本文

芽生えたゆりかごで
優しい実をつけて
こぼれた一粒はやがて君と出会う

差し込む木漏れ日
流れるそよ風
光は涙に変わって

咲いた花の道をかかと鳴らし歩こう
目に映る景色は二人 違うけど
もし僕らの道が重なる日が来たら
まいたタネは
君のための花

不器用な僕では
ふれられない心
それでも伝えたいことは胸の中に

うつむき 目を閉じ
涙をたえてる
負けない強さがあるから

つなぐ花の道を恐れず歩いていこう
ささやいた花言葉 君宛の手紙
もし二人の道が重なる日が来ても
どうか僕の事は
忘れていて

咲いた花の道をかかと鳴らし歩こう
目に映る景色は二人違うけど
遙か遠く続く 先の帰り道は
タネにもどるその日へ
辿り着く

基本情報

タイトル Garden
歌手名 鈴湯
作詞者 鈴湯
作曲者 樫原伸彦
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:05:18
レコード会社 ハピネット

リリース情報・記録

リリース年月日 2014年02月26日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

鈴湯による最新楽曲

鈴湯の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「Garden」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!