「世界樹の下で」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「世界樹の下で」について

歌詞本文

あぁ 僕らは作られた
自由を知らずに泳いでる
さぁ 帰ろう
むせかえる野バラと
讃美歌の降りそそぐ街へ

生きられなかった想い
世界樹の下で若き兵士が
愛しき者を守るため
殺し合うのは 美しい
事だと 本当に言えるのか
あぁ 雪達が地平の果てまで
嘘さえも隠してしまう

伝えられなかった想い
世界樹の下で人を愛する気持ちを
知った月の夜罪を犯して
触れたその場所から
悲しみが溢れてた

願い続けている想い
世界樹の下で 青く燃えゆく
世界が最後の 恋をしている
鼓動を早めて 星がいつかは命を貫き
みんな幸せな 星座になれたら
本当は誰もが 本当は誰もが
想い描けるさ

基本情報

タイトル 世界樹の下で
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 THE BACK HORN
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:05:02
収録アルバム BEST THE BACK HORN
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年08月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『BEST THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「世界樹の下で」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!