「ジオラマ」の歌詞・楽曲情報

Saucy Dog

「ジオラマ」について

歌詞本文

揺れるつり革 触れる見知らぬ肩
生温くこもった匂いが好きになれません
乾いた空気が吸いたくなってさ
なんとなく外の景色眺めてみる

この街に何か望んだって
生きづらいだけで得るものはない
住めば都なんか嘘だった

満員電車に潰された
僕らは綺麗に収まって
前習えして 今日も笑ってるんだ
そうだろ?
思い出せんなぁ 昨日の僕は
何を見て笑ってたんだろう

揺れるつり革 触れる見知らぬ肩
生温くこもった匂いが好きになれません
乾いた空気が吸いたくなってさ
なんとなく外の景色眺めてみる

ジオラマみたいだ このまま未来は
パノラマ写真の人混みに
流されてほら消されて
なかった事にされたんだろう
見なかった事にすれば良かったのかも

こないだ建った電波塔と
夕焼け空霞む工場雲
生活感など微塵もない
明日を生きる価値もないな

隣に立った君とちょっと
夕日に憧れた高校生
正解探しに終わりはない
間違いだらけの世界で踊ろう

生きてればそりゃ辛い事もあるさなんて
そんな風な言葉ばかり何回聞いたところで

満員電車に潰された
僕らは綺麗に収まって
前習えして 今日も笑ってるんだ
そうだろ?
思い出せんなぁ 昨日の僕は
何を見て笑ってたんだろう
思い出せんなぁ 昨日の僕は
何をして笑ってたんだろう

この楽曲のアーティスト

Saucy Dog

基本情報

タイトル ジオラマ
歌手名 Saucy Dog
作詞者 石原慎也
作曲者 Saucy Dog
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 MASH A&R

リリース情報・記録

リリース年月日 2017年05月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

Saucy Dogによる楽曲

「ジオラマ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!