「若き獅子たち」の歌詞・楽曲情報

野口五郎

「若き獅子たち」について

歌詞本文

太陽に向い歩いてるかぎり
影を踏むことはないそう信じて生きている
あなたにもそれを わからせたいけど
今は何にも告げず
ただほほえみのこすだけ

甘いくちづけだけに おぼれそうな今
ぼくはふりきって さらばあなた

風よなぶるな獅子のたて髪を
涙をかざれない時であれば

闇よかくすな獅子のたて髪を
若さを誇らしく思う時に

太陽が昇り落ちて行くまでの
ほんの短い間何をしたらいいのだろう
愛だけに生きてほしいのとすがる
黒い瞳のあなた
もう何にもいわないで

熱い抱擁だけに 時を忘れそう
ぼくは目をあげて さらばあなた

風よなぶるな獅子のたて髪を
涙をかざれない時であれば

闇よかくすな獅子のたて髪を
若さを誇らしく思う時に

風よなぶるな獅子のたて髪を
涙をかざれない時であれば

基本情報

タイトル 若き獅子たち
歌手名 野口五郎
作詞者 阿久悠
作曲者 三木たかし
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:04:51
レコード会社 avex io

リリース情報・記録

リリース年月日 2010年08月04日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

野口五郎による最新楽曲

野口五郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「若き獅子たち」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!