「芽ばえ」の歌詞・楽曲情報

桜田淳子

「芽ばえ」について

歌詞本文

もしもあの日あなたに 逢わなければ
この私はどんな 女の子に
なっていたでしょう
足に豆をこさえて 街から街
行くあてもないのに
泪で歩いて いたでしょう
悪い遊び憶えて いけない子と……
人に呼ばれて 泣いたでしょう
今も想い出すたび 胸が痛む……
もうあなたのそばを 離れないわ
離れないわ 離れないわ

もしもあの日あなたに 逢わなければ
この私はどんな 女の子に
なっていたでしょう
白い薔薇の匂いも 鳥の声も
まだ気付くことなく
ひっそり暮らして いたでしょう
誰か人に心を 盗みとられ……
神の裁きを 受けたでしょう
今も想い出すたび 恐くなるわ……
もうあなたのそばを 離れないわ
離れないわ 離れないわ

基本情報

タイトル 芽ばえ
歌手名 桜田淳子
作詞者 千家和也
作曲者 筒美京平
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ
収録アルバム 淳子と花物語
レコード会社 Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年08月22日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『淳子と花物語』に含まれる楽曲

桜田淳子による最新楽曲

桜田淳子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「芽ばえ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!