「愛しい人へ」の歌詞・楽曲情報

浜田省吾

「愛しい人へ」について

歌詞本文

君を この手に 抱きしめた時
初めて 誰の為に 僕が
生まれて来たのか わかった

失くした愛も こわれた夢のかけらも
すべて その腕に かかえて
僕についておいで

冷たい夜の暗闇の中
風の音にさえも おびえて
君は今日まで
この町 ひとり 生きてきた
でも もう 泣かないで
僕が 傍にいるから

友達のように
いつも遠くで見ていた
ふれようとしたけど
失うことが こわかった

愛はいつも 傷つくだけの
寂しがりやのゲームだと
僕は君を 愛するまで
そう信じてた おろか者さ
ひとりぼっちの…

愛はいつも 失うだけの
寂しがりやのゲームだと
僕は君を 愛するまでは
そう信じてた ひとりぼっちで

基本情報

タイトル 愛しい人へ
歌手名 浜田省吾
作詞者 浜田省吾
作曲者 浜田省吾
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム PROMISED LAND~約束の地
レコード会社 ソニーレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 1999年09月29日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『PROMISED LAND~約束の地』に含まれる楽曲

浜田省吾による最新楽曲

浜田省吾の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「愛しい人へ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!