「あの頃の海」の歌詞・楽曲情報

Jungle Smile

「あの頃の海」について

歌詞本文

いつからすずしい顔して
平気で嘘をつくようになったの
あんなに嫌ったタバコも
いつの間にクセになって

いつから知らん顔して
見て見ぬふりに慣れてしまったの
みえない心のキズはいやせない今では

東京の狭い空の下
臆病な風に負けちゃって泣いた

忘れない失くさないいつまでも感じてたい
胸のトキメキ大切にあたためてたい
ずっと消えないで消さないで君の笑顔守りたい
やがて大人になる時をみんなでむかえても

幼い頃はみんなで
よく遊んでたあのあき地は今
グレイの高いビルへと変わってしまったの

懐かしいブランコこいだら
見えたの澄んでたあの頃の海

愛だとか恋だとかカンタンに歌わないで
胸にトキメキ感じるまで響かせないで
ひとり淋しくて哀しくて誰か恋しくなったら
いつか見ていたあの海を思い出してみよう

忘れない失くさないいつまでも感じてたい
胸のトキメキ大切にあたためてたい
ずっと消えないで消さないで君の笑顔守りたい
やがて大人になる時をみんなでむかえても

基本情報

タイトル あの頃の海
歌手名 Jungle Smile
作詞者 高木郁乃
作曲者 吉田ゐさお
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:05:15
収録アルバム 虹のカプセル
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年07月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『虹のカプセル』に含まれる楽曲

Jungle Smileによる最新楽曲

Jungle Smileの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「あの頃の海」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!