「君の余韻 ~遠い空の下で~」の歌詞・楽曲情報

Lia

「君の余韻 ~遠い空の下で~」について

歌詞本文

夏の光を浴びて 君と見上げた空は
今も…心の奥に

あの日 指先触れたシャボン玉は幻?
君に…恋をしていた

君の隣で ずっと…
鮮やかに揺れる木々の音色
いつまでも此処に
いられないこと 知っていた…?

さよならも言わずに手を振った あの場所で
永遠に眩しいあの日々が終わったの
ずっと言えない想い
夏の余韻の中で
君を忘れないよ…

遠い鐘が聴こえて 二人見上げた空に
何を…願ったのだろう?

黒い瞳の奥に あの日描いた夢を
君も…なくさずにいて
時が過ぎても ずっと…
心に落ちてる水の音色
あの頃の未来
どこかに今も あるのかな…

明日(あした)へと消えてく
“今日(いま)”を また 生きてゆく
遠ざかる あの日々 目を閉じて 想うたび
胸を吹き抜ける風
君の余韻の中で
夢を確かめてる

さよならも言わずに手を振った あの場所で
永遠に眩しい向日葵が咲いていた
何も言えずにいたね…
夏の余韻の中で
君を忘れないよ…

基本情報

タイトル 君の余韻 ~遠い空の下で~
歌手名 Lia
作詞者 三井ゆきこ
作曲者 崎元仁
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 queens label

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年10月17日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

Liaによる最新楽曲

Liaの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「君の余韻 ~遠い空の下で~」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!