「Pink Prisoner」の歌詞・楽曲情報

UNICORN(ユニコーン)

「Pink Prisoner」について

歌詞本文

ぼろぼろに疲れた 体をむりやり 引き起こされて
笑顔ひきつらせて 迫る胸に押しつぶされてる

自慢のlong long legs さらけ出して
誘いのポーズ 横目でながめ

愛され過ぎて 行き場のない心抱いて
閉じ込められて やりきれない モノクロの叫び声

週に一度きりの 休みの日さえ 電話の前で
今夜のお相手も 死ぬ程長い 安物のことば

虚ろな視線は 時計の針
猫なで声も もうお手のもの

愛され過ぎて ピンクの手錠で つながれて
閉じ込められて 抜け出せない 明るいだけの部屋で

愛され過ぎて ピンクの手錠で つながれて
閉じ込められて ふらふらで 立ち上がれない
愛され過ぎて 行き場のない心抱いて
閉じ込められて やりきれない モノクロの叫び声

基本情報

タイトル Pink Prisoner
歌手名 UNICORN(ユニコーン)
作詞者 奥田民生
作曲者 奥田民生
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:42
収録アルバム THE VERY BEST OF UNICORN
レコード会社 ソニー・ミュージックレコーズ

リリース情報・記録

リリース年月日 1995年12月13日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『THE VERY BEST OF UNICORN』に含まれる楽曲

UNICORN(ユニコーン)による最新楽曲

UNICORN(ユニコーン)の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「Pink Prisoner」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!