「夏草の揺れる丘」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「夏草の揺れる丘」について

歌詞本文

釈迦堂を通り抜け 宵待ちの坂を行く
懐かしき顔の待つ 夏草の揺れる丘

世界中の悲しみを 憂うなんてできねぇさ
せめて大事な人が 幸せであるように

影踏み帰る 子供の声や 夕焼けに世界が
まだ少しだけ 続くと思えたよ

明日は分からぬのに 人は約束をする
いつかまた会う日まで 生きる意志なのだろう

みんなが笑う 俺も笑えば 嬉しさがあふれる
酔いしれ歩く 祭囃子の中 ずっと

今夜 夢じゃない ここにいるよ
こんなにまっすぐに笑えるよ
何度でも歩き出せる
何処までも行ける気がする

現実の空 日々の憂いが 雨になって落ちる
諦めばかり 巡る夜もあったけれど

今 雷鳴が 胸を叩く
もがきながらまっすぐに立てと
思い出は今を生きる
祭囃子が遠く聞こえる

夢じゃない ここにいるよ
こんなにまっすぐに笑えるよ
何度でも歩き出せる
何処までも行ける気がする

基本情報

タイトル 夏草の揺れる丘
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 THE BACK HORN
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:57
収録アルバム BEST THE BACK HORN
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年08月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『BEST THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「夏草の揺れる丘」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!