「星想夜曲」の歌詞・楽曲情報

Suara

「星想夜曲」について

歌詞本文

涼風薫る 八重桜 光るは銀色の水面
仰げば 茜空

時の羽根音 とめたなら こぎだす
今宵 この船はどこまでいこう

遥が彼方見つめている その?顔 遠く思う
その瞳に映る景色 私におしえて

愛し君よ 手を取り歩き行けば 宵闇に十六夜月
その心 さらってく
うたかたの夢ならば それでいいの
この恋 消えるまでは 時の浪間 ゆられゆこう

春風 そっと髪にさし まだ見ぬ誰かに想いを馳せてた頃

聞こえてくる声はいずこ この身をただ呼ぶがごとし
あの海の蒼のむこうに あなたを探した

愛し君よ 寄り添い星を待とう 東からのばるスピカ 暁にとけるまで
幾千の世をこえて会いに来たわ この恋 永遠なるまで
今少しは このままで

美しき 夜空を渡る宇宙よ
叶うなら 今 ふたり 星座に

愛し君よ 手をとり歩き行けば 宵闇に十六夜月
その心 さらってく
うたかたの夢ならば それもいいな
この恋 消えるまでは 時の波間 ゆられゆこう

基本情報

タイトル 星想夜曲
歌手名 Suara
作詞者 未海
作曲者 衣笠道雄
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル アニメ
楽曲の長さ 0:05:50
レコード会社 ランティス

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年04月26日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

Suaraによる最新楽曲

Suaraの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「星想夜曲」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!