「俺と女と風物語」の歌詞・楽曲情報

ディック・ミネ

「俺と女と風物語」について

歌詞本文

冷たい夜風に 刺された女
俺に縋って いま泣いている
どんな世間を 歩いて来たか
春はそこまで 来てると言うに
どうすりゃいいのさ この俺は

知らない同志の 出逢いだけれど
これが人生 理屈じゃないよ
泣いて履歴書 書いてる君だ
過去のことなど ほじくるものか
女の涙は わかってる

冬から春まで 百日足らず
じっと待つんだ 待つしかないさ
君の探している 倖せを
俺の近くで 見つけたならば
この手に抱かれて 随(つ)いて来い

基本情報

タイトル 俺と女と風物語
歌手名 ディック・ミネ
作詞者 藤田まさと
作曲者 猪俣公章
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 テイチクエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年06月10日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

ディック・ミネによる最新楽曲

ディック・ミネの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「俺と女と風物語」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!