残り香の歌詞・概要

シド

「残り香」について

歌詞本文

一応の「またね…。」背を向けた あなたの髪
春風をまとって 薄れていく 残り香

明日から 痛みは 日を追うごと 増していくでしょう
明日から あなたは 淡々と忘れていくでしょう

桜の舞う 季節まで待って せめて 僕から別れを
忙しいあなたのことだから 届かぬ願い
突然のさよなら、必然

子供の頃も かさぶたを 我慢できず
途中で剥がしては 怒られてた 変わらない

あれから 幾つかの 恋をした ふりをした僕に
受話器越し あなたは 穏やかにうなずいた そうじゃない

逢いたい気持ちとは 裏腹に 臆病な夜を 重ねて
時間だけが ただ過ぎていくよ 残されたまま
あの日から ひとつも 進めない

たまにくれるね 優しさの 赤い絵文字 嬉しくない
それより ずっと欲しいのは 本当の さよならさ
すごく 怖いけど 歩きだすよ

桜の舞う 季節まで待って せめて 僕から別れを
忙しいあなたのことだから 届かぬ願い
突然のさよなら、必然

さよなら ありがとう

この楽曲のアーティスト

シド

基本情報

タイトル 残り香
歌手名 シド
作詞者 マオ
作曲者 ゆうや
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 KRE

リリース情報・記録

リリース年月日 2012年05月02日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

シドによる楽曲

「残り香」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!