「非常階段」の歌詞・楽曲情報

高田梢枝

「非常階段」について

歌詞本文

温かな海から生れ落ちた
そこはキラキラした世界で
あたしを包むすべてが笑顔だった
否定されることなどなかった
わかってくれてるという期待だけをもって

友達をいつもうらやんでた
自分に何もないこと周りのせいにして
向き合うこともせず逃げていた

裏切られ傷ついて その先は闇で
ひとりぼっちで強がって歩いた

誰にも負けたくなどなかった
一番になりたかったんだ
それでもあたしは この顔をこの体を
好きになれず
ふざけるなって吠えていた

拒絶されることから逃げてばかりいたら
自分の意志という武器を落としてしまった
うつむき歩いてきて上手になったのは
偽善 うやむや 被害者意識

さみしいよ 悲しいよ 心が痛いよ
こてんぱにやつけられ 転がった

自分で自分を苦しめてる
閉じてしまった小さな空
自分で自分をダメにしてる
うまく処理出来るほど大人になってなかった
見えなかったから

みんなに認めてほしいから
みんなを認めてほしいんだ
愛してほしいと歌ってもいいですか
愛されることを諦めちゃいけない

誰かに負けてしまっても
一番になりなくたって
それでもあたしは ちっぽけなこのあたしを
好きになりたい
ふざけるなって生きてゆく

基本情報

タイトル 非常階段
歌手名 高田梢枝
作詞者 高田梢枝
作曲者 高田梢枝・TOMI YO ( 高田梢枝 , Tomi Yo )
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社 SME Records

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年06月27日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

高田梢枝による最新楽曲

高田梢枝の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「非常階段」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!