生活の歌詞・概要

odol

「生活」について

歌詞本文

手紙の中身に 君なりの個性があって
並べたその文字に見惚れた
君の住む街に四月の花が咲いて
黒く染めた髪が舞う 季節を数えた

いつかくれた服と この部屋の間取りが
似合わないけど それでいいような
そんなこととか 君のこととか
生活に溶けてゆく
花のように

その白い肌に月が映り込んで
化粧をする君に並んだ

火が灯る前の朝と夜の間に
街の光も届かない いつかの
君と見た映画の最後の曲とか
二人抱きあうあのシーンとか
覚えてないだろう?
それでいいけど
君のこととか
明日のこととか

この楽曲のアーティスト

odol

基本情報

タイトル 生活
歌手名 odol
作詞者 ミゾベリョウ
作曲者 森山公稀
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 UK.PROJECT

リリース情報・記録

リリース年月日 2015年05月20日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

odolの人気楽曲

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

odolによる楽曲

「生活」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!