「きみだけを」の歌詞・楽曲情報

ウルフルズ

「きみだけを」について

歌詞本文

君が見てる夢を叶えてあげたい
君が見てる未来に僕は必要かい?
どんなに楽しかった夜も明日になりゃ突然君が
なぜか知らん顔で行っちまいそうでこわいのさ

ひとりでいる時もふたりでいる時も
いつも心は 君でいっぱい
ひとりでいる時もふたりでいる時も
いつも いつも

君が見てる夢はどんな夢だろう
僕が見てる未来に誘いたいのさ
消えてなくなる夢じゃなくて
本当の愛を君にあげたい
他に誰がいてもこの愛だけは誰にも負けない

ひとりでいる時もふたりでいる時も
いつも心は 君でいっぱい
ひとりでいる時もふたりでいる時も
いつも いつも

君が見てる夢を叶えてあげたい
君が見てる未来に僕は必要かい?

基本情報

タイトル きみだけを
歌手名 ウルフルズ
作詞者 トータス松本
作曲者 トータス松本
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:09
収録アルバム ラブソング・ベスト“Stupid & honest”
レコード会社 EMIミュージックジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 1994年08月31日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『ラブソング・ベスト“Stupid & honest”』に含まれる楽曲

ウルフルズによる最新楽曲

ウルフルズの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「きみだけを」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!