嵐の活動休止に際しての、全メンバーからのコメントは以下の通り。

大野智

 僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

 2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

 メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

 急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

 2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。

櫻井翔

2017年6月、話し合いは始まりました。
メンバーそれぞれと何度も会い、5人でもたくさんの話し合いを重ねました。
20年以上共に歩んできた大切な大切なメンバーそれぞれの想いを。
それぞれ少しずつ異なるたくさんの想いを、なんとか一つの結論へと着地させることとなりました。
嵐が嵐のまま走り抜きたい。
嵐を宝箱に閉じこめたい。いはまそんな想いでおります。
嵐としてデビューした1999年には、想像もつかないような。
信じられないほどの多くのファンの方が。関係者の皆さんが、スタッフが、私たちの傍にいます。いてくれています。
数え切れないほど沢山の夢を見せてもらいました。
数え切れないほど沢山の景色を見られるところまで連れてきてもらいました。
ありがとう。
言葉では伝えきれない溢れんばかりの感謝の想いを、これから時間をかけて伝えて行きたいと思っております。

松本潤

 まずは突然の発表でビックリさせてしまったと思います。申し訳ありません。5人で話し合いを重ねた上で、このような決断に至りました。5人で2020年まで走り抜くこと、そしてファンの皆さまと一日一日を楽しんで、そして最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく、そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命、精一杯過ごしていけたらなというふうに思っています。

 このタイミングで発表することになったのはですね、僕らの思いを皆さんに理解していただくのは、とても時間がかかることだと思っています。また、その話を、お話させていただいた上で、自分たちも前を向いて毎日を過ごしていけたらなという思いから、このタイミングで発表させていただきました。

 今年は20周年もありますし、2020年、最後の日まで5人で走り抜いていきたいと思っています。ファンの皆さん、ついてきて下さい。

二宮和也

 「最初に聞いた時は本当に驚きました。僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚いたというのが本音でございます

 でも、さっきリーダーも言ったように、5人で何度も話し合ってきた結果がこういうことでございます。僕はずっと言っていたとおり、嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました。ですが、2020年まで5人で嵐らしく活動してまいりたいと思っております。

 何より楽しく、皆様方と思い出と作ってまいりたい。また、関係各位の皆様方にはまだまだこれからもお世話になりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 そして、ファンの皆様、忘れないでいただきたいのは僕らはいつまでも嵐なのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします」

相葉雅紀

 僕も本当に驚きましたし、何よりも本当に5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動するのは難しいと思いました。

 本当に僕は嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております。本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありませんし、何度も何度も話し合いました。そして5人、スタッフの皆さんも入れてですけども出た答えです。

 本当に残された時間にはなりますけど、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を再開できる時には皆さまに喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。