ジャニーズの人気グループ、嵐が2020年で活動休止することを発表した。具体的な理由は明かしていないが、SMAPの解散やTOKIOメンバーの不祥事などネガティブなニュースが続いたジャニーズ事務所にとって、苦しい時期が続く。

嵐とは

嵐は、1999年に大野智と櫻井翔、松本潤、二宮和也、相葉雅紀の5人で楽曲「A・RA・SHI」でデビュー。当時はジャニーズJr.の黄金時代と言われており、滝沢秀明や今井翼、山下智久、生田斗真、風間俊介などが切磋琢磨するなか、人気ジュニアだった5名がデビューを果たした。

その後、多くのグループが不祥事や活動休止に見舞われる中、嵐は順調に活動を続けて、松本潤のドラマ『花より男子』の大ヒットなどで一躍国民的なグループに。櫻井翔はニュースキャスターをつとめるなど、個人の活動も充実していた。

活動休止の理由は

2020年は、嵐にとって結成20年の節目の年。このタイミングでの活動休止を発表した理由は、事務所から明かされていないがファンの間では2020年を節目に活動に変化が生まれるのではないかという声は以前から上がっていた。

その理由は、これまで5名でほぼ休みなく活動を続けてきた嵐にとって、一旦休息が必要だというものだ。先輩であるSMAPは解散となり、名実ともにジャニーズ、そして日本を代表する嵐だが、20年間フルで活動を続けてきた。

後輩であるKAT-TUNやNEWSなどはメンバーの脱退や不祥事などで活動休止をしており、V6やKinki Kidsも長い期間活動を続けているとはいえ、嵐の多忙さはトップクラス。オリンピック・イヤーの2020年まで活動を続けるというグループの意思は、裏を返せばその時期を節目として捉えていることでもある。

また加えて、メンバーは嵐である限り、結婚などプライベートが充実することも難しく、そうした点からもメンバーが活動休止を希望していた可能性も指摘されている。

グループや事務所からの活動休止理由の発表も含め、2020年からの活動休止がいつまで続くかなど、情報は不透明な状況だ。

リーダー大野智の報告全文

 僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

 2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

 メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

 急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

 2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。

全メンバーからのコメント

全メンバーからのコメントは、「嵐、活動休止に際してのメンバー全文コメント:5人それぞれの声は」に掲載。