長らく噂されていたNCTの中国(チャイナ)ユニットが、2019年1月にデビューすることが決定した。事前の予想通り、メンバーはNCTのテン、ウィンウィン、クン、そしてルーカスの他に、ヘンドリー、ヤンヤン、シャオジュンというSM Rookiesからの3名。

グループ名は「威神V(WayV)」だ。

NCTではない?

しかし予想外であったのは、これまでNCT127やNCT DREAMと続いてきたNCTの名前が入っていないこと。これまでグループ名が「NCT VISION」か「NCT 威神(weishen)」になるのではないかという噂があったが、最終的に「威神(weishen)」ではなく「威神V(WayV)」となった。

実は、「威神V(WayV)」はSMエンターテインメントと中国企業の合弁レーベルであるLABEL Vを通してデビューするグループ。中国ではこれまで、韓国グループが突如として政治的なリスクから活動できなくなることが多々あったため、こうした点を考慮してNCTという韓国主体のグループ名を外した可能性もある。

いずれにしても、NCTという冠はついていないものの、SMエンタテインメント側はNCTとして活動することが可能であると言明しているため、NCTの中国向けユニットであることは確実だ。

来年より本格的に活動

ティザーやデビュー曲などは、2019年1月より順次公開されていく。NCTの中国向けユニットについては長い間話題になっていたが、活動の詳細が明かされることはなかった。

しかし2018年の後半より、ウィンウィンがNCT127の活動を制限して、日本でのライブに参加しなかったため、中国での活動準備が本格的にはじまったものと見られていた。