BTSジミンとG-DRAGON、英紙の選ぶ「歴代ボーイズグループメンバー」トップ30に

BTS(防弾少年団)のジミンと、BIG BANGのG-DRAGONが、英ガーディアン紙が選ぶ「歴代ボーイズグループメンバー」トップ30に入った。G-DRAGONは11位に、ジミンは17位にそれぞれランクインしており、K-POPの存在感を見せつけた。


G-DRANGONについて、ガーディアン紙は「多くの点から、K-POPの王として称賛されている」とした上で、韓国のポップスターの時代をつくりあげた功労者だと述べている。同紙は、G-DRAGONが歌手やソングライター、ラッパーとして以外にも、プロデューサーや起業家、ファッション・アイコンとして活動していることを紹介しつつ、現在は兵役に就いていると記した。

ジミンについては、BTSのロンドン公演において、ソロ楽曲「Serendipity」を披露した際に腹筋が見えたことを紹介。「オールド・スクールなアイドルのセックスアピールのようだった」と賞賛を送った。

マイケル・ジャクソンやジャスティン・ティンバーレイクら


このランキングには、One Directionのメンバーやジャスティン・ティンバーレイク、そしてマイケル・ジャクソンらがランクイン。1位はマイケル・ジャクソンが獲得し、2位はTake Thatのメンバーで、ソロ歌手としても活躍するロビー・ウィリアムズが選ばれた。3位にはジャスティン・ティンバーレイクが、おなじくN'SYNCのメンバーであり、12位にランクインしたJC・シャゼイとともにランクイン。

One Directionのメンバーからは、4位にハリー・スタイルズと6位にゼイン・マリクが、現在も活動する長寿ボーイズバンドとして知られるBackStreet Boysからは、5位にAJマクレーンが、14位にブライアン・リトル、16位にニック・カーターが選ばれている。

ニュースへのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!