先日、日本デビュー前でありながら『FNS歌謡祭』で爆発的な人気を披露したIZ*ONEが、2019年2月6日に日本デビューすることが明らかとなった。事務所であるOFF THE RECORDエンターテイメントは、ユニバーサルミュージックのレーベルであるEMI Recordsを通じてアルバムを発売することを公式発表した。

また事務所は、IZ*ONEが今後、日韓をまたいで活動をすることも明らかにしている。事務所からの発表全文は次のとおりだ。

事務所からのお知らせ全文

こんにちは
OFF THE RECORD ENTERTAINMENTです。

2019年2月6日、IZ*ONEの日本のデビューアルバムが発売される予定です。

前日、12月5日に日本の音楽番組「2018 FNS歌謡祭第1夜」の生放送に出演し、デビュー曲である「La Vie en Rose」を初めて披露させていただきました。
日本での活動を始動したIZ*ONEは、ユニバーサルミュージックのレーベル「EMI Records」を通じてアルバム発売の準備をしております。

IZ*ONEの日本デビューに関する詳細は、今後改めてお知らせさせていただきます。

今後、韓国と日本を行き来しながら活発に活動を繰り広げるIZ*ONEに、たくさんのご声援、よろしくお願いします。

ありがとうございます。

日韓の活動に期待?

IZ*ONEは、韓国でのデビュー以来、記録破りの人気を誇っているが、最近ではトラブルも起きた。日本人メンバーの宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48のイベントに出演することに韓国ファンから批判が挙がったのだ。この事態に事務所が釈明を行ったものの、韓国ファンは納得しておらず、追加で事務所に対しての批判が展開される形となっている。

今後のIZ*ONEの活動が日韓に広がることでファンの多くは期待をしているが、こうしたトラブルが再発しないか懸念する声も出てくるかもしれない。